« 青年団「ニッポン・サポート・センター」 | トップページ | 秋の街を歩く 1 (夕景) »

2016年7月16日 (土)

今日の夕食 酢鶏

Sudori

湿度が高くてだるい日々です。

胃袋を刺激したく、「酢豚」ならぬ「酢鶏」にしてみました。

結構刺激的で、いい感じでした。

ぜひ、おためしを。

作り方は以下を参考に!

 

最初に合わせ調味料を作ります。
 
水(こだわる方はだしで作ったものを用意してください)を御飯茶碗一杯から二杯に、お酢大匙1杯ほど、しょうゆ小さじ1~2杯、だしの元適量、小麦粉など(ジャガイモでんぷんでもOK!)を混ぜておきます。でんぷん類を水になじませるのは大事だそうです。そのために、入れる5分以上前に用意。
ここに少量のトマトジュースを入れるのもおすすめです。
 
鶏肉は塩コショウしてから小麦粉をまぶして皮から炒めます。使うのはもも肉がおすすめです。その間にニンジンをゆでるお湯を沸かしておきます。
鶏肉に火が通った後、ニンニク、鷹の爪、などをそのフライパンで炒めます。
ゆでた人参も加えます。
 
付け合わせの野菜としては、お好きなものを入れてください。
今回は、長ネギ、ピーマンなどを使いました
 
焼きあがった鶏肉は、お好きな大きさに切り分けてください。
最後に、つけだれを含めすべてをふフライパンに入れ、鍋を振りながら5分ほど火を通します。
その際、しょうがの千切り、あるいはおろしたものを加えるのがおすすめです。
 
これで、お酢の刺激も少なくなるし、とろみも滑らかになります。
ということで、この夏をきり切りましょう!
 

|

« 青年団「ニッポン・サポート・センター」 | トップページ | 秋の街を歩く 1 (夕景) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の夕食 酢鶏:

« 青年団「ニッポン・サポート・センター」 | トップページ | 秋の街を歩く 1 (夕景) »