2018年12月30日 (日)

ふるさと

ふるさと

私にとってふるさとと言えるのは、小学校時代を過ごした横浜市磯子区岡村町です。ゆずで有名になったところです。



その前には伊勢佐木町の片隅でやんちゃをしていたそうですが、記憶にはありません。

記憶の初めは、知らない場所(岡村)に来て、知らない人たちの元に連れていかれたことです。ゆずの片割れが通っていた岡村幼稚園です。岡村天神様の幼稚園でした。
小学校も、歌で歌われた長い階段を、上り下りして通っていました。

その後就職して、国立市、高田馬場と移り歩き、今の高円寺に20年ほど住んでいます。
そんな私にとって結局一番長く住んでいるのが、ここ、高円寺です。

なので、一番長く住んでいるのが、ここ、高円寺になります。
ふと思いだして、心和むのが、高円寺の風景だったりします。

その一つがこの緑道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

super full moon +1

_w0q1915

残念ながら、16夜でした。
 
母親から月が見えるとメール受けて、慌てて近くの公園にカメラ担いで出かけました。
この次は2035年だそうです。
 
大きさも明るさも普段の三割増しらしいですが、写真に撮ると変化がわからない。
 
近くに明るい建物とかないので、比較できなくてこまりした。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

空に向いて

Hikoukigumo

 

秋の空はたまにきれいです。

 

今年は、そんな姿をなかなか見せてくれません。



 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋真っ盛り

この季節にImg_0668街を歩いていると、 昨日と変わった風景が見えます。

四季の移り変わりを感じます。

季節が急速に、冬に向かっている感じがしする、今日この頃。

おかげで軽く風邪ひきました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

秋の街を歩く 2 街角

 

Img_0620

 

今日は暖かい日でした。

たぶん今年最後の夏日なのでしょう。

そんな気候に誘われて、たくさんの蝶も飛び交っていました。

「小春日和」と言うには、季節も早いし、気温も高い気がします。

 

先週あたりも同じような気温で蝶が飛んでいました。

きょうは飛んでい羽は少ないが、この季節の思い出に、写真に撮るつもりで近づいて、みました。

 

タブレットだとけっこうきついですが、ここまでは撮れました。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街角を歩く 3 季節が動いている

Img_0622

Img_0593

歩いていたときの風景です。

 

環七沿いです。

 

まだひまわりが咲いてました。

 

 

もうすでに、季節は秋なんです。

花たちは、頑張ってます。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の街を歩く 1 (夕景)

Img_0587

最近遅まきながら「ポケモンGo」をやってます。
 
仕事での移動や、近くのスーパーが改装中なため、ちょっと離れた場所へ買い出しに行く途中にやってたり。
 
近くの公園にも、時々出かけたりしています。
 
そんな折、気になる風景を撮影してみました。
 
最初は、新宿西口の夕景です。
 
不思議な光景の街になりました。
このあたり昔は淀橋浄水場のあった場所です。
中央の時計塔がその墓標のようにも見えました。
 
撮影はすべて、ポケモンをやっている Ipad mini で撮影しました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

今日の夕食 酢鶏

Sudori

湿度が高くてだるい日々です。

胃袋を刺激したく、「酢豚」ならぬ「酢鶏」にしてみました。

結構刺激的で、いい感じでした。

ぜひ、おためしを。

作り方は以下を参考に!

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

青年団「ニッポン・サポート・センター」

_w0q1284ゲネで撮影しました。

青年団キャストが勢揃いで、中身も詰まってます。

二度見したほうがいかも?

という舞台です。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

「埒もなく汚れもなく」オフィスコーットーネプロデュースatシアター711

6月1日~12日。下北沢にて。5月31日撮影の舞台です。

_w0q0406

大阪で活躍した劇作家・演出家「大竹野正典」さんの生き様をタイトにまとめた舞台です。
 
 
彼の最後の戯曲「山の声」を、何度か舞台化したオフィスコットーネのプロデュースで「瀬戸山美咲」さんが作・演出してます。
 
 
芝居にとりつかれながら、それを仕事にはしないで活躍し、若くして事故死した彼の半生を、過(?)不足なく描いてます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梅雨入り?